<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ジャンゴ、プライベート・パーティとバースデー・パーティPart3

e0253892_15535111.jpg

少しわかりにくいけど、この季節独特の朝焼け。
トラック・ドライバー経験のある俺としては、かなり色んな朝空の顔を研究
してきた。つもり。
この空を見れるのも今年のこの季節は最後かな?とか思ってた帰り道に
写真とか撮ってみたりしたわけです。

季節はどんどん過ぎていく。
俺の肝臓もどんどん衰退していく。
少し酒を控えようと、朝焼けさんに教えてもらった気がしたマスターです...


2月14日(木)
e0253892_1532857.jpg

かの忌まわしきST.バレンタイン・デーよ。
心のむなしさを拭いきれないマスターにとっては非常に有難かった。
今夜はジャンゴに所縁のあるミュージシャン達によるスペシャル・ユニット、
CUATRO M'S ~クワトロエムズ~をゲストにむかえ、お客さん企画の貸切り
プライベート・パーティ!
大人のバレンタイン・デーを、ボーカルのmasumiさん、アコーディオンのMiyack
さん、ギターのgipsyさん、ベースの宗像さんと豪華なメンツが彩る。




2月17日(日) ~Special Live~
Rin ボーカル、バンド 蝦馬 (本間俊之 ピアノ/ギター、小池太郎 ベース、
阿部史彦 ドラム)
e0253892_1535029.jpg

e0253892_15371670.jpg

e0253892_15393765.jpg

満員御礼!
ロ●ドで有名な、元・虎舞竜のメンバー本間さんプロデュースによる、
ボーカルのRinさんをむかえたスペシャル・ライブ。
実はジャンゴをオープンするにあたって、オーナーと共に前のお店を視察
しに来たときの最後のライブがこの方達。

バーテンダーとしては少しは経験のあった俺だけど、ジャズバーのマスター
って話にまったく実感のわかなかった自分の戸惑いを一掃してくれたプロ
ミュージシャン。
あの鮮烈な記憶を思い出させてくれた最高のライブだった!

アッパーなパーティチューンからジーンと胸をうつバラードまで
色んな意味で音楽ってものを噛み締めた夜かな。

~エクストラ・ステージ~
e0253892_15403574.jpg

ステージ終了後はセッション・タイム!
この日は遠くからも素晴らしいミュージシャン達が遊びに来てくれた。
これだけのプレイヤーが揃えばそりゃセッションするわね!

写真はジャンゴにも出演してくれてる、ラテン・ボーカルのふくださとみさん。
久しぶりにお会いできたふくださん、けっして色褪せない歌声とパフォーマンス
はこの特別な夜を終わらせない。

そうそう、ずっとお会いしたかったフルート・プレイヤーの田村泉さんにも
出会えた!
JAZZフルートご馳走様でした。




~JAZZ ジャムセッション・デー~

ここにきて皆さんのおかげでだいぶ定着してきた、うちのジャムセッション。
レベルの高さはもちろんのこと、なんつっても人がみんな温かい。

e0253892_15421989.jpg

今日はボーカル、レミンさんのバースデー・セッション!
英語の先生もやってるレミンさん、ずば抜けた歌唱力と持ち前の明るさに惹かれ
て今夜もボーカル仲間をはじめ、たくさんのミュージシャンがお誕生日に駆けつける。
久しぶりにあったベースのUさんの横でレミン姫まんざらでもないご様子...
e0253892_154485.jpg

そしてこの日はセッション・ホストのベース宮嶋さんとパーカッションのU子
さんのお誕生日会!
早いなぁ、つい最近にこのお二人のバースデー・セッションした感じがする
んだけど、あれからもう一年か。
当たり前のように当たり前の事が続けられる、それはやっぱりたくさんの方々
にジャンゴというお店を愛していただいて、助けていただいているからだと
再確認した。
本当に感謝してます!
来年もその先も、出来ることならずっと皆さんのお誕生日をお祝いできるように
頑張ります。



とある朝。
e0253892_1548952.jpg

店を閉めた後、たまにはとお客さんと飲みに行こう!と。
そして記憶をなくし、酷い二日酔いに襲われた朝のマスター...


ここにきて記憶をなくす癖がつきはじめそうな俺。
やっちまう度に反省するも、家に帰るとついつい酒に手が伸びてしまうんだなぁ

家にある酒も底をつきはじめ。
獣のように酒を探す俺。
そして、我慢できずにこんな良い酒を空けてしまった...。
ボーカルのmasumiさんに誕生日の時にいただいた一本。

こんな生活で大丈夫か?俺。
e0253892_155112100.jpg

2010年のフランスはボルドー・オー・メドックの赤。
寝酒にしちゃあ豪華すぎたな...。




ジャンゴのホームページはこちらから
[PR]

by b-django | 2013-03-24 15:55  

ジャンゴ、BLUES スペシャル編

e0253892_15495863.jpg

e0253892_15524745.jpg

e0253892_15543465.jpg

徐々に広がり根づいてゆくブルースの魂。
うちのブルース・ジャムセッションは今回で3回目、遠くは群馬や大宮
からも夜な夜な熱い男達がジャンゴに集まる。

東京ミシシッピー・ブルース・バンドに加えてドラムのスティーブさんに
ギターの小澤さん、ハナワさん、そしてジャンゴからはヒューケン氏と。

疲れはてた心に染み入るような、ビシビシと感情を揺さぶられるような、
そんなビートがたまらないこのセッションは一見の価値あり!

こんな夜に余計な言葉はいらない。
音楽という共通のキーワードに酒さえあれば、男なら朝まで最高の気分で
酔える。
ま、店は閉めますけどね。



ギター&ボーカルで参加してくれた斎藤さん。
e0253892_15565775.jpg

e0253892_15592422.jpg

クゥーール!!
上手ぇ!!
超絶テクにカウンターにいたギャラリーのお客さん達も沸く。


ドラムの立石さん!
このノリノリのビートが今夜もフロアを盛り上げてくれる。
ついついリズムを刻みたくなったり、テーブルを叩きたくなっちゃうん
だよねぇ。
e0253892_1692714.jpg

e0253892_16104829.jpg

さすらいのヒューケン氏。
今夜も思う存分にギターをプレイしていってくれた!
フロアのど真ん中でのソロ、かっこ良かったっすよ。


素敵なギャラリーが、リボンちゃんとAちゃん。
e0253892_16131068.jpg

e0253892_16144561.jpg

そう遠くない未来、熊谷にブルース・ウーマンが誕生するか?
でもさ、ああいうセッション見せつけられちゃうとさ、実際にやって
みたくもなるさね。
きっとこうやって音楽のコミュニティーは広がっていくのだろう。
画面ごしではけっして味わうことの出来ない生の迫力と、現場でのリアル
な熱気。
一度体験してしまえば自分もそこに行きたくなる。



ある意味ブルースな酔いかた...。
e0253892_16163181.jpg

すみません!
怒られるの覚悟で載せちゃいました。



個人的に、超ブルースを感じる酒。
ブルースと言えばバーボン! のような気がする...
バーボンと言えばアーリー・タイムス、なんかラベルもブルースっぽい!
気がする...。勝手に。
e0253892_16182019.jpg

~Early Times アーリー・タイムス・イエローラベル~
アルコール度数、40°

日本でもかなりこのポピュラーなこのウィスキー。
"開拓時代"という意味合いも持つこの酒は、1860年アメリカ・ケンタッキー州の
アーリータイムス・ステーションという村で誕生した、バーボンの代名詞として
世界中で愛され続けるウィスキー。

1860年と言えばリンカーンがアメリカ大統領に就任した年であって
南北戦争の前の年。
自由と独立というキーワードもこの酒には隠されてるような。

アーリータイムスは、1920年の禁酒法の時代、薬用として例外的に飲む事を
許された数少ない酒で、この時に多くの人に飲まれたという。

手頃に、とても飲みやすくどこか素朴な味わいも感じるこのバーボン、今夜は
ブルースに酔いながらひっかけたいね。



ジャンゴのホームページはこちらから
[PR]

by b-django | 2013-03-10 16:24  

ジャンゴの1、2月。

なんかまだ夜は寒いですね。
どうも、ジャンゴのマスターです。
エロマスター、セクハラマスター、変態マスターとお客さん達からの
悪名名高いこのマスターですが...
たまには真面目なこと書いても良いですかね。


2012年、12月29日。
忘年会も兼ねて開催させてもらったプレイヤー達のお祭り、ジャンゴの
ジャムセッション・パーティ!
普段はなかなか共演することもできないプロミュージシャン達をゲストに迎え
ジャンゴでしか出来ない最高のセッションをテーマにと、みんな年末の忙しい
なか、JAZZだけではなくBluesミュージシャンまで、たくさんの素晴らしいプレイヤー
達が集ってくれた。

これまでJAZZやBLUESなどのアコースティックなサウンド、それだけではなくクラブ
シーンもそうかな、グッド・ミュージックに耳を傾けながら酔いしれる、この熊谷には
そんな店もまだ数少ないし、そんな文化を寝ずかせるって事は本当は難しいのかな?
なんて、そんな俺らしくない弱音も吐きたくなる時も幾度とあった。

この真冬の熱い夜。
それは不可能ではない、うちのオーナーと俺達の考えは間違えではなかったんだって。
そう心から思わせてもらった夜だったかな。

ほんと、ありがとうございました!
こんな事を書くのは恥ずかしいですけど...
けっして折れることのない心と闘う力をを皆さんの音楽に思い出させていただき
ました。


が......。
ぁぁああああぁーー....
忙しすぎて写真全然撮れてねぇ!
パーティ終わってから気がついた、重大なミステイク。
聴きいってる場合じゃなかった。

お客さんにお願いして、なんとか一つだけ入手できたお宝画像。
e0253892_20294319.jpg

数多くの素晴らしいミュージシャンが集まってくれたこの夜に、
ひときわ注目を集めたプレイの1つにはやはりこのデュオは外せない。
プロプレイヤー、ギターの加藤泉さんとボーカルの吉澤紀子さんのここでしか
聴けない共演に時を忘れ、酔いしれる。



BLUES JAM SESSION DAY
1月からスタートさせていただいた、ブルースのジャムセッション。
ホスト:
~東京ミシシッピー・ブルース・バンド~

東京ミシシッピー ギター&ボーカル、花園ジョニー ハーモニカ&ボーカル、
バルチック東郷 ベース、水沼クルーパー/バッファロー牛込 ドラムス

チャージ\1000 参加も見学も飲みにくるだけでもOK!

e0253892_20331854.jpg

ジャンゴの常連さんでもある、さすらいのブルース・ギタリスト、ヒューケン氏。
いつも明るい人だけど、こんな嬉しそうなヒューケン氏は初めて見たねぇ。
花園さんに誘われて、飛び入り参加で水を得た魚の如く、大爆発。

e0253892_20345520.jpg

大人の渋いブルースにバーのカウンターとバーボンと良い女は間違いなくハマる。
と、勝手に思う俺はついつい写真とってしまった。
すみません、Y姉さん。


花園ジョニー&バルチック東郷&水沼クルーパー
e0253892_20364416.jpg

ブルース・ハープとボーカルを自由自在に使いこなす花園さんにベースとドラム
のリズムが本当にテンションをぶちあげてくれるよなぁ。



~超初心者ジャムセッション・ゼミ~

こちらも最近スタートしたプロジェクト。
楽器を手にし、スキルを磨いてきた人なら一度は考えるであろう即興による
演奏のコラボ、ジャムセッション。
でも、俺見てて思うけどデビューするのは正直そうとう根性いるって...

そんなデビューをもくろむ方たちの為に始めさせていただいた企画です。
講師はアルト・サックス・プレイヤーの鎌倉淳さん。
楽器やレベルは問いません。
とにかく楽しく、長い目でみんなでジャムセッション・デビューを
企ててやりましょー
e0253892_20382373.jpg

※予約制、一回/一時間 \3000
只今、第二期生、大募集中!!



~JAZZ and POPS~
吉村樹里 ボーカル、高島真悟 ピアノ
e0253892_2040830.jpg

そもそもはソウル・ミュージックやブルースを得意とするボーカルの樹里
ちゃんと、ラテン/サルサのピアノを弾きこなす真悟くん。
抜群のセンスとその人柄で、ほぼオールジャンルのお客さん達のリクエストに
応え、その人の心を刺激するプレイにやっぱり人気も絶大だね。

今宵は遊びに来てくれたベーシストのUさんを迎え、グッと締まったサウンド
でフロアを沸かす。




今夜のライブはジャンゴではすっかりお馴染みになってきたこの3人。
gipsy ギター&ボーカル、中野阿貴 ピアノ、小林里枝 アルト・サックス
e0253892_20423393.jpg

ライブ終了後、小さい女子二人にオモチャにされるgipsy兄さん...
ではなく、マッサージしてもらってるらしい。
幸せそうなgipsyさんの笑顔がとてもうらやましいマスターでした。



~JAZZ~ Jam session day ~

e0253892_2049244.jpg

美しく、クールに、ホスト・ピアニスト辺見優司。
e0253892_20531534.jpg

ジャンルではライブの依頼もお願いした事のある、西澤雅枝さん。
群馬のお店ではセッション・ホストをつとめたり、ピアノも弾けたりと
、マルチに活躍中のボーカリスト。
音楽はその人間を映すと思う。
とても優しく綺麗な歌声に、最高のノリの良さがなんと言っても人を
惹き付けてくれる。

e0253892_20543743.jpg

西澤さんと。
おひさしぶりのトランペットのKさん。
やっと渡せたぁ。
去年のKさんのバースデー・ジャムセッションの時から皆さんで用意してくれた
プレゼントずっと預かっていたんだよね。
良かった!
気に入ってもらえたご様子。




休憩の合間にいつものように辺見さんがハッピーバースデーをピアノ
で弾きだす。
セッションの休憩中にいつもサプライズでこうやって皆でを歌
って、誕生日のプレイヤーをお祝いすると、ぶっちゃっけると
こういう作戦なのだが...
あれ?今日誰のバースデーだ?って思いながらカウンターで手を叩いて
いたら、
「ハッピーバースデー、ディア、マスター!!」
って、俺!!?

本当に優しい良いお客さんたちに恵まれて、正直涙出そうだった。
ありがとうございました!
e0253892_20571556.jpg

皆さんから頂いたプレゼント。
末代までの宝にします!





最近は日も長くなってきたな。
店を閉め、車に乗って走り出すと遠くの空が少しずつ明るくなってくる。
まだ明け方は肌寒いけど、なんだか妙に気持ちが良い。
春かね。

今朝は久しぶりにこの曲聴きながら帰ろうかな。

今日の一曲。

Talib Kweli - Never been in love feat. Just Blaze -

NY はブルックリンが生んだ天才知性派ラッパーと、JAY-Zやエミネムそれに
マライヤ・キャリー等の作品も手がける玄人プロデューサーが組んだ、
ファンキーでとても気持ちの良いナンバー。
ストーリー仕立てになってるこのPVも個人的に好きなんだよねぇ。




AM7:00、自宅にて。
人の朝ご飯は俺には晩酌。
俺は酒を飲む為に日々生きているのかも知れん。と、毎朝思う。
よし、アルチューだな。
e0253892_20585811.jpg

冷蔵庫にワインがある。
というわけで、昨日のパーティの残り物を持って帰ってきたので、
今朝はこんな感じでつまみ作ってみた。
スモークサーモンとジャガイモのマリネのサラダね。
美味し!



バー・ジャンゴのホームページはこちらから。
[PR]

by b-django | 2013-03-05 21:00